川越たかしな分校日誌

2020年9月の記事一覧

3年生 家庭科

 今日の家庭科では「一人暮らし新聞」を作成し、発表を行いました。

現場実習に行っている生徒もいて、作成期間が短い生徒もいましたが、工夫された新聞が仕上がりました。

発表では堂々とした姿が見られ、聞く側もしっかりメモが取れていました。

   

3年生 オンライン出前授業を受けました。

 本日は2回目のシャープ特選工業(株)様によるオンライン授業を受けました。

内容は『実習前の取組みについて』でした。前回と同様、動画で説明を視聴してから、社員の方へ質問をさせていただきました。2回目ということもあり、スムーズなやり取りであったり、内容の濃い質問となりました。

社員さんのお話に出てきた、「実習は社会人になる練習」や「学校生活で実習に向けてどれだけ準備しているかがポイント」が今の3年生の心に響き、これからの大切な実習で発揮できればと思います。

 

今回もシャープ特選工業(株)様には貴重な講演をしていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。

    

農園芸

先週から夏野菜の片付けや、冬野菜を植えたりと沢山の作業を行っています。

 

これからが美味しいナスも冬野菜の準備の為片付けました。

 

2・3年生の班活動では、1年ぶりの畝立てを行いました。

久しぶりの畝立てでしたが、班員と話し合いながら綺麗にマルチまで張ることができました。

 

植え付けも行い、冬野菜の準備の1波を無事に乗り越えました。

 

1年生は畝立て、マルチ張りの特訓中です。

2回目になると先生の指示と所要時間は半分で作業が行えるようになりました。

  

 

3年生 オンライン出前授業を受けました。

9月18日(金)に「総合的な学習」の時間を利用して、シャープ特選工業(株)様とインターネット回線を利用した“出前授業(オンライン授業)”を行いました。感染防止が叫ばれる中、これならほぼ安心して、しかも距離に関係なく遠方の企業からも良いお話を伺うことができます。

シャープ特選工業(株)は、大阪府堺市に本社を置く電気製品メーカーの大手、SHARP(シャープ)株式会社の特例子会社で、障害のある方々を雇用するだけに留まらず、実に様々な事業展開をされている企業です。数十年も前から障害者雇用を推進しておられるため、今までに数多くの他社が活動を見習ってきた輝かしい経歴をお持ちです。詳しくはホームページをご覧いただけます( http://www.tokusen.sharp.co.jp/index.html )。

今回は当校の3年生を対象に「働くことの意味」というテーマで、働く際に求められる幾つかの能力について説明をしていただきました。人との接し方のコツなど、学校という集団活動の中からも十分身に付けられることが多いと聞き、皆さん真剣でした。殊に就職を控えているためもあり、生徒たちは話を聞きながら、予めいただいておいたワークシートに熱心に書き込みをしておりました。話を聞き終えて質問のコーナーになると、多くの生徒が参加して、テレビの向こうに控えている社員の方々と活発なやり取りが行われました。筆者も興味深く聴かせていただきましたが、3年生だけでなく下級生でも早めに知っておいてほしい内容が幾つかありました。

残念ながら今回は職場実習(産業現場等における実習)に出ていて不在の生徒もおりましたが、次回は「実習前の取り組みについて」というテーマで講演をしていただく予定です。シャープ特選工業(株)様へはこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。

詳しくは上記のアドレス(HP)からお入りください。また、本稿の掲載についてはシャープ特選工業(株)様の許諾を得ております。