川越たかしな分校日誌

2020年8月の記事一覧

校内研修 No2

夏の研修2回目の報告です。今回は、川越特別支援学校本校の村浦新之助先生をお迎えし「自立活動の指導~身体へのアプローチを通して~」というテーマでの研修です。

歩いたり、座ったり、跳んだりという日常動作については問題がなくても、「いつも緊張している」「姿勢が崩れやすい」「動きがぎこちない」生徒に対しての支援の方法を、実際に体を動かしながらお話していただきました。また、「ICF(国際生活機能分類)や感覚統合の考え方を取り入れる」「目標設定の際のキーポイント」「リラックスは簡単なようで難しい」について、具体例を挙げながら説明いただきました。

 

とある進路担当のつぶやき…

身体へのアプローチを、就労、卒業後の生活の視点で考えてみると、本人が自覚していない体の緊張や、姿勢が崩れるということが、「疲れやすい」「集中が切れてしまう」「怪我をしやすい」を生じ、それが離職に繋がってしまうことがあります。自立活動が目指すものは、生徒それぞれの自立です。個々の課題に生徒と教員で真摯に取り組み、卒業後豊かな人生を送ってほしいと、気持ちを新たにした研修でした。