川越たかしな分校日誌

2019年9月の記事一覧

分校 2年 現場実習激励会&壮行会


  後期の実習期間が9月30日から始まります。
2年生はその実習に向けて決意表明を行いました。1学期よりも目標をしっかり立てることができました。有言実行できるよう、頑張ってもらいたいです。
    

そのあとはフライングディスクの全国大会に出場する生徒の壮行会を行いました。応援団の熱いエールや全員からの応援メッセージを受け、とても嬉しそうにしていました。

分校 2年 進路見学会


 9月25日(水)に2学年の進路見学会で、【社会福祉法人 茶の花福祉会 グループホームかざし大樹】と【国立職業リハビリテーションセンター】を訪問してきました。
午前はグループホームへ行きました。実際に生活している場所を見学させていただき、自分の部屋や共同スペース、集団で生活するうえでのルールなど知ることができ、職員の方に質問もすることができました。

午後はリハビリテーションセンターへ行きました。映像で1日の作業を確認した後、実際に作業している現場を見学させていただきました。実際の作業では1グループごとに先生が付き、一緒に訓練していく、出来るようになったらステップアップしていくとのことでした。

           
   陳列された商品       厨房での作業も訓練できます   見学後、質問をしました

今回の見学を通して、これからの進路を決める選択肢の1つになると良いですね。

分校 3年生 国語

3年生の国語の授業では、和歌・川柳づくりに挑戦しています。

Aクラスでは、おうちの方への日頃の感謝の気持ちを伝える「親守歌」を作りました。
いつもは照れくさくて伝えられない「ありがとう」を伝える良いきっかけになったようです。
また、お忙しい中生徒からの気持ちに答える素敵な下の句をお読みいただきました
保護者の皆様、ご協力誠にありがとうございました。






Bクラスでは、日常で感じたことを自由に読む「たかしな川柳」に取り組みました。
型にとらわれない自由な発想から飛び出す川柳には独特の読み応えがあります。
「寒くても アイスが欲しい どう思う」
『どう思う』・・・うーむ、考えさせられます。

出来上がった和歌・川柳は3年生教室前に掲示しております。
分校へいらした際には是非ご覧ください。
 

分校 2・3年生 工芸

2・3年生の工芸では9月より引き出し付きの小物置の制作を始めました。

今回はビスではなく、釘で組み立てを行っています。
また、棚の側板にアレンジを加えています。
3回目となり、少し形ができ始めた生徒もいました。
   
細部までこだわった素敵な棚が出来そうです。

分校 学校公開及び入学選考説明会のご案内

10月24日(木)に第4回学校公開及び入学選考説明会を実施します。
当日は、学校概要説明と募集要項(願書等関係書類一式)を配布予定です。
本校受検を考えている方は、ぜひご参加ください。
申込は、「別紙2」を記入の上、FAXでお申込ください。