川越たかしな分校日誌

分校 1年生 ガーデン


「 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿 」
これは庭木の剪定法をいったことばで、桜の枝は切らずにおくのがよく、梅の枝は切るのがよいということ だそうです。

たかしな分校にも梅の木があるので剪定を行いました。

脚立を使用することが初めての生徒も沢山いましたが、指示を聞き作業に取り組めました。
最初は3段目で怖いと言っていた生徒も、終わりには5段までは上がって作業が出来ていました。
  
春に沢山花を咲かせてくれることを期待です。