川越たかしな分校日誌

分校 クリスマスライブ

練習、準備を重ねてきたクリスマスライブが行われました。いつもは職業の教室である工芸室が見事にライブ会場に変身し気分も上々です。今年も初雁高校の生徒会の皆さんが見に来てくれました。
1部は文化部による、たかしな新喜劇「元父親の登場は突然に!?」です。脚本も生徒が手掛け、衣装や大道具、小道具にも凝りました。役者全員がセリフや表情を工夫して演じ、新喜劇らしく、たくさんの笑いを生み出しました。
 
2部は一般エントリーです。歌あり、ダンスあり、自作動画公開ありで、見ごたえがありました。
  
最後は音楽部の発表です。ドラムソロで始まり、全員バンドで「勇気100%」「小さな恋のうた」、ギター&ドラムで「世界にひとつだけの花」、女子有志でダンスを披露しました。練習はたいへんでしたが、アンコールの「負けないで」がおわると、部員全員の顔は達成感に満ちていました。
   
そして、今回このライブを支えたのが運動部です。会場の飾りつけから始まり、受付、総合司会、プレゼント配りや片づけを担当しました。 
  
分校生徒全員で作ったクリスマスライブで、楽しいひとときを過ごしました。