川越たかしな分校日誌

本日の川越たかしな

農園芸

 最近の農園芸では

ナス・ピーマン・キュウリ・トマトなどの管理を行っています。

 

2・3年生は、ナスやピーマンの支柱を立てたり、芽かきを行っています。

3年生と2年生でペアを組み、3年生を中心に芽かきを行いましたが、

細かい作業を上手に教えることができていました。

  

キュウリやエダマメの収穫も始まりました。

キュウリは取り残しがあるとあっと言う間に大きくなってしまうので注意深く収穫をしています。

エダマメは実の入っている莢だけにするを収穫する作業がとても大変ですが、集中して選別など行いました。

 

1年生は誘引や芽かきなどトマトの栽培を通して、細かい作業に挑戦しています。

 

3年生 自立活動

3年生の自立活動は、集団での指導と、担任による個別指導を並行して行っています。本日の集団での指導は「身体の動き」および「人間関係の形成」「環境の把握」の3区分で「折り紙」に取り組みました。まず、折り紙が得意な生徒が鶴の折り方を友達に教えます。「他者に分かりやすく」説明したり見せることが課題です。次は全員説明図を見ながらセミを折りました。最後は難しい手裏剣に挑戦、2個のパーツを組み合わせることにとても苦労しました。たかが折り紙、されど折り紙…、これからも、課題を設定して取り組んでいきます。

   

 

 

2年生 自立活動

本日の自立活動では6区分の中の

5身体の動き 「作業に必要な動作と円滑な遂行」の授業を行いました。

活動内容は「ドミノ」です。

集中して取り組む、イライラしても続けることを目標にドミノを並べていきました。

ドミノを並べることはほぼ問題なく行えました。

3分間で40個を並べ終えることもできました。

ですが時間になってドミノが余っている場面で

「いくつ並べられたのか」という質問に対して、余ったドミノ4つを40個から引いて36個と答えるのではなく

1つ1つ数え36個と答えてしまったり、「黄ー黒ー赤ー青の順番で並べてください」

「黄を手前に28個並べたら反対側に残りを全部並べましょう」といったいくつかの指示が出ると

指示通りに作業を行えないことが多かったりしました。

また、3~5分の繰り返し作業でしたが3本目には集中力や体力が持たない場面も多く見られました。

それぞれの課題が理解できました。

 

2年生 家庭科

2年生家庭科では本日調理実習を行いました。

作るものは「だし巻き卵」です。

右上の見本に対して出来上がりが茶色のものもできました。

気になるお味は・・・しょうゆ味でした。

「しょうゆをなめているような味」という感想でした。

巻くのも見るのとやってみるのは違ったようです。

今日の反省を生かし家でも作ってみるとのことでした。

メンテナンス

今週より実習期間ということで2・3年生は人数は少ないのですが

本日より校内実習の1年生5名がメンテナンス班に入りました。

 

初めて行う作業なので作業内容も作業量も少しのつもりで行いました。

ですが飲み込みがたいへん早く、次回行うエリアの整備まで終了することができました。

  

膝まで生えていた草を刈って石やゴミを拾った後ローラーで転圧すると完成です。

 

 

道路に面した木もさっぱりしました。

 

1年生は現場実習前の準備としての実習ということですが、初日から申し分のない活動をすることができました。