川越たかしな分校日誌

カテゴリ:情報

高1 情報

 始めはタイピングがままならず、「っ」などの打ち方に苦戦していましたが、繰り返し練習することで打つスピードや、ホームポジションの位置など少しずつ形になってきました。1年生の授業では「寿司打」というタイピング無料ソフトを使用しています。ゲーム感覚ででき、レベルも沢山あるので一人ひとりのペースで練習することができています。1学期の振り返りではタイピングが速く打てるようになりたいと訴える生徒が多くいました。速くするポイントとして4点あります。①手元を見ない(位置を暗記する)②姿勢を正す③ホームポジションを忠実に④繰り返し練習するです。「継続は力なり」ということわざがありますが、授業で習ったことを意識しタイピングスキルも自分のものにして欲しいと思います。

2年生 情報

2年生の情報では夏休み前ということもあり、ネットモラルに関しての学習をしています。

LINEのやり取りに関して、返信する方法や時間等の確認や

個人情報とはどのような事を言うのか

匿名でもIPアドレスというもので特定ができてしまうことを学習しました。

分校 3年生 情報

日本情報処理検定協会の表計算の検定の結果がでました。
4級2名、3級5名合格することができました。

検定後はPowerPointの学習を行っています。基本操作は2年生までに習得しているので技能の向上を図るということで
「架空のお店からWebページ上でのCM作成依頼」という高い目標を設定し、15秒から30秒のCMを作りました。
同時に効果的な言葉の使い方や情報の取捨選択を身につけ、リハーサル機能を使用し立派なCMとなりました。
今日はその発表会を行いました。人が作ったCMを見て驚いたりお互い感想を言ったりしました。
3学期は卒業制作として「川越たかしな分校CM」を作ります。

分校 1年生 情報

前半は、ビジネス文書実務検定4級の、文書作成に取り組みました。15分間集中してパソコンに向かい、文書を作成しました。後半はSNSの種類や安全な使い方について、グループでの話し合い等も行いながら学習しました。
  

分校 3年生 情報処理検定を受検しました

3年生の情報では1学期より「表計算」を学習してきました。

その成果を発揮すべく希望者は、本日の放課後、日本情報処理検定協会の表計算の検定を受検しました。
4級に3名、3級に7名がチャレンジしました。結果は1か月以内に通知が来ます。
とても緊張しましたが全員頑張りました。