川越たかしな分校日誌

カテゴリ:美術

2年 美術

 2学期後半から始まった寄木細工づくりですが、それぞれ形になり、使えるものとして完成に近づいてきました。
手順としては、やすりをかけて滑らかにし、ニスを塗って完成です。
早い生徒は角をカーブにしたり、1時間やすりをかけ、手触りの良い作品になっています。
ニスを塗り、どのような形でその作品が使われるのか楽しみです。

    
       

分校 2年 美術


 2年生では、寄木細工に取り組んでいます。
前回は図案を考えている様子でしたが、全員の生徒が接着剤を使い、組み立て作業に入っています。鍋敷きや写真立て、小物入れに挑戦している生徒もいます。

    

細かな作業ですが、皆一言もしゃべらず、1時間集中して取り組んでいます。

分校 2年 美術


 美術では立体作品作りで、寄木細工を行っています。
180ピースあり、鍋敷きやコースター、写真立てや小物入れと、どんなデザインにするか考えている最中です。
   

早い生徒は、ボンドを使い、1つ1つ丁寧に貼りつけ作業を始めました。

どんな作品が仕上がるのか、楽しみです。

分校 2年 美術

 今日の美術ではクロッキーをやりました。
人間のパーツの大きさや骨格などの説明を聞いた後、モデルとなる生徒が前に出て、10分間集中して描きました。
描き終わった後、お互いの絵を見て、「〇〇がいいね」や「△△が難しかったよ」と意見の共有をしました。
     

分校 美術

先日完成したゴム印2つを使用したタペストリーが完成しました。

キッチンとの仕切りに使用したいような、パンよりご飯が好きというような感じで
ご飯をイメージした模様となりました。



とてもきれいな作品となりました。どこに飾るか帰ってから決めます。