川越たかしな分校日誌

カテゴリ:国語

3年生 国語の授業

 3年生の国語の授業では、人狼ゲーム(人狼チームと市民チームに分かれ話し合いを行い推理するゲーム)を行っていました。

 人狼側は上手く市民にとけこみ正体を隠すこと、市民側は人狼を見抜くことがポイントです。

 生徒同士で話し合いを行い、矛盾点や表情を確認ししながら、最後には人狼が誰かを当てることができました。

 生徒間や先生と生徒の間で、活発に意見交換ができていました。

      

3年生授業風景

 分散登校が始まって早くも一週間が経ちました。急激な暑さと疲労もありますが、前向きに一生懸命取り組む姿が印象的です。今日は、国語の授業について紹介したいと思います。四字熟語を辞書で調べたり、漢字検定に向けて等、集中して取り組んでいました。3年生の次回の登校は火曜日と日が空きますが、生活リズムを崩さずメリハリをもって生活していきましょう。

         

分校 3年生 国語

卒業を間近に控えた3年生。
3学期に入ると授業も一気に卒業モードです。

国語の授業では、卒業アルバムのタイトル決めを行いました。
 
まずはグループ活動の中で、自分の考えたアイデアを出し合います。
普段はなかなか自分の考えを表現できなかった生徒からも斬新なアイデアが披露され
活気ある話し合いとなりました。

最後はそれぞれのグループが持ち寄ったタイトルを発表し合い
みんなの想いが込められたタイトルをつけることができました。

  
どんなタイトルになったかは、おたのしみです。

分校 3年生 国語

3年生の国語の授業では、和歌・川柳づくりに挑戦しています。

Aクラスでは、おうちの方への日頃の感謝の気持ちを伝える「親守歌」を作りました。
いつもは照れくさくて伝えられない「ありがとう」を伝える良いきっかけになったようです。
また、お忙しい中生徒からの気持ちに答える素敵な下の句をお読みいただきました
保護者の皆様、ご協力誠にありがとうございました。






Bクラスでは、日常で感じたことを自由に読む「たかしな川柳」に取り組みました。
型にとらわれない自由な発想から飛び出す川柳には独特の読み応えがあります。
「寒くても アイスが欲しい どう思う」
『どう思う』・・・うーむ、考えさせられます。

出来上がった和歌・川柳は3年生教室前に掲示しております。
分校へいらした際には是非ご覧ください。
 

分校 3年生 国語

川越たかしな分校は来月に実習を控えています。
実習前には実習先で「どういうところを頑張ります」という発表を行う
激励会があります。

今日の国語では、その激励会で発表する内容の作文を行いました。

さすが3年生。実習に向けての自分の気持ちをすらすらと書くことができました。