令和元年度 教育目標
 
(1)学校教育目標
    かんがえる子 つづける子 つたえあう子

(2)目指す学校像
豊かな学びで児童生徒の可能性を伸ばし、
  自立と社会参加に向けた生きる力を育み、
      共生社会の実現に向けて地域と連携する学校

(3)重点目標
    ① 障害特性を踏まえた指導の充実と豊かな学びの実現
    ② 特別支援教育の専門性の発揮と社会に開かれた教育課程の実施
    ③ 自立と社会参加に向けたキャリア教育の充実
    ④ 尊敬と対話に基づく安心・安全な学校づくり

(4)各学部・ブロック教育目標

<小学部>
「自分でやってみよう」「元気なからだを作ろう」「友だちと楽しくあそぼう」
 -低学年-
学校生活に慣れ、安心して活動する。
  • 自分の身の回りのことを自分でやろうとする力をつける。
  • いろいろな経験を通して、自分で考える力を育てる。
  • 楽しく活動し、元気なからだを作る。
  • 大人や友だちと楽しくあそぶ力を育てる。
 
 -高学年-
学校生活に見通しを持ち、のびのびと活動する。
  • 基本的な生活習慣を身につける。
  • 興味関心を広げ、自分で考える力を伸ばす。
  • 安全や衛生への意識を持つとともに、健康なからだをつくる。
  • 子ども同士が関わり合う力を育てる。

<中学部>
自分で考え行動する。健康な心と体を作る。仲間と協力する。
  • 基本的生活習慣の定着をはかる。
  • 心と身体の変化を受け止め、健康でたくましい身体をつくる。
  • 自主的・主体的に学ぶ姿勢を育て、、社会生活を豊かに過ごす力を養う。
  • さまざまな集団活動を通して、集団の一員として、伝え合う力や協力し合う力を育てる。
  • 働くための基礎能力を育て、未来の自分、将来や、大人になる自分を意識できるようにする。

<高等部>
生きる力を育て、社会人としての基礎を築く。
   ~健康で心豊かに自分の人生を楽しめる主体的な青年を目指して~
  • 文化、スポーツを主体的に学び、自己表現力や問題解決能力を身につけ、自分の生活を豊かにする。
  • 自立的な生活習慣や体力を身につけ、心身の健康を自己管理する。
  • コミュニケーションを豊かにし、仲間と協力し認め合う力を身につけ、集団の一員としての自覚や喜びをもつ。
  • 自分を見つめ、目標を持って努力し、自己肯定感が持てるようにする。
  • 自分を生かす社会参加(就労・生活・余暇活動)のあり方を考え、必要な支援を受け、生きがいのある生活を営む力を身につける。